感染リスク状態の看護計画をご紹介します。

    author photo

    By看護研究科 小日方 さくら

    感染リスク状態の看護問題
    ♯ 下記要因による感染リスク状態
       
    □長期臥床
    □自力体動困難
    □低栄養
    □疾患からくる防衛力の低下
    □高齢  □衰弱  
    □嚥下機能の低下
    □カテーテルやチューブ挿入
     ↓
    ・上気道感染
    ・誤嚥性肺炎
     ・尿路感染症

    感染リスク状態の看護目標

    感染を起こさない

    1、 感染徴候が見られない
    2、 手洗い・口腔ケアなどの感染を予防する行動を受け入れることができる。


    感染リスク状態の看護計画

    P-1 バイタルサイン 発熱の有無、呼吸の異常、SpO2値など
    2 呼吸器症状 咳嗽・喘鳴・呼吸困難の有無、肺雑音、痰の有無と性状
    3 カテーテル・チューブ類の挿入の有無
    排液の性状、カテーテル類の汚染の有無
    4 検査データー 栄養状態、血液データー、細菌培養、X⊶P
    5  ADL、食事摂取量・摂取方法、嚥下機能、
    6 訴え、言動、表情  

    TP-1 定期的な体位変換
    2 栄養状態の維持・改善  
    □ 嚥下状態やADLに応じた食事介助 
    □ 食事摂取量を増加させる工夫 
    環境の調整、好みの取り入れ、形態の調整、分食
    □ 経管栄養の管理
    3 カテーテル・チューブ類の管理
    4 手洗い・含嗽の励行、口腔ケア

    5 上気道感染・誤嚥性肺炎の予防
    ・排痰への援助  自己喀痰を促す、必要時ネブライザー・吸引
        ・環境調整  保温・加湿  
    ・誤嚥の予防を図る  体位の調整、
      6 尿路感染の予防
    □ バルーンカテーテルの管理
        ・水分摂取を促す  ・陰部の清潔保持 
    7 異常時、医師に報告       
     8 確実な与薬

     
    EP-1 苦痛症状出現時は訴えること
      2 排痰ケアの必要性 
    3 感染予防ケアの必要性  口腔ケア、手洗い、含嗽、清潔保持
    4 栄養状態の維持・改善の必要性  食事摂取の必要性 
    関連記事
    Share

    Comments 0

    Leave a reply