体感幻覚の看護計画についてご紹介します!

    author photo

    By看護研究科 小日方 さくら

    体幹幻覚の看護問題

    ♯  幻覚により、日常生活に支障をきたす恐れがある。
    又、支障をきたしている。

    体感幻覚の看護目標

     基本的な日常生活を維持することができる
     ①幻覚を言語化できる
     ②現実の人とコミュニケーションがとれる
     ③自傷行為がみられず、安全な環境で過ごせる

    体感幻覚の看護計画

    OP
    1.幻覚の訴えの内容と程度     2.被害関係念慮の有無
    3.不安・焦燥感の有無       5.興奮の有無・程度・原因
    5.行動・言動・表情・態度     6.自傷行為や暴力行為の有無
    6.日常生活状況
    ・食事摂取状況 ・水分摂取状況 ・睡眠状況 ・整容状況(洗面・更衣)
     ・清潔状況(入浴) ・日中の過ごし方 ・服薬状況
    7.バイタルサイン   8.他者との接し方(家族・他患者・医師・看護師)
    9.環境(ベッド周りの環境、周囲の危険物の有無など)

    TP
    1.落ち着きある態度で、訴えを丁寧に受け止める。
    ①「自分を受け止めてくれている」という安心感を与える態度で接する。
     ②幻覚の訴えについて、否定・肯定をしない(否定は不信を抱き、肯
    定は確信を与える)。
     ③幻覚による不安や恐怖を訴えてきた場合、受容的な態度で接する。
    ④普段から人間関係を保ち、話しかけられやすい雰囲気を保つ。
     ⑤興奮に巻き込まれないよう、落ち着いて接する。
     ⑥ 関心をもって根気よく接する。
     ⑦現実的な話をしてきたときには、その話を強化する。

    2.患者のペースにあわせ、信頼関係を養う
    ①看護師側から回避せず患者の反応を観察しながら働きかける。
    ②患者と共に過ごす時間を多くする。
     ③患者が嫌がらなければ、患者に触れて現実感を与える。
     ④会話をする際には、現実感をもたらすような単純な話題を持つ。
    3. 安全への配慮
     ①患者の安全を考慮した異常の早期発見と対応を行う。
    ・症状が増す前の徴候出現に注意をして観察する。
    ・危険性が予測される場合は観察を十分に行なう。
    ・特に夜間・多忙時は注意をする。 ・必要時、危険物を預かる
      ・安全な場所への誘導、医師の指示に基づいた隔離室の使用。  
    ・的確な医師への情報伝達(報告)を行い、指示に従う。 
     ・看護師間の情報の共有、伝達を密に行う。
    ②他者とのトラブルには十分注意する。
    ③処置が必要な際は、患者に状況を伝え、処置の必要性を説明する。
    4.症状(不安・焦燥感・興奮時など)が強い場合には、医師へ報告を行い、指
    示に従う。
    ①指示に従い、抗不安薬・向精神薬・鎮静剤の使用。
    ②内服時には服薬確認を行う。   ③薬剤使用後の観察を行う。
    5.服薬管理
     ①服薬確認を行う。
    関連記事
    Share

    Comments 0

    Leave a reply