不眠状態にある患者の看護計画について解説します。

    author photo

    By看護研究科 小日方 さくら

    #1 不眠のため精神的・身体的苦痛がある

    #1 不眠のため精神的・身体的苦痛がある
    ●心身が安定し安心して眠ることができる
    O-1.生活習慣
    a.環境;室温・騒音・部屋の広さ・位置
    b.寝具・寝衣
    c.就寝前の習慣
    d.家族
    e.昼間の過ごし方
    f.睡眠状態;寝つき・睡眠時間・睡眠の深さ・熟睡感
    g.睡眠を妨げる物理的要因の有無
    2.身体的苦痛
    a.疼痛
    b.掻痒感
    c.動悸
    d.悪心
    e.呼吸困難
    f.脳動脈硬化
    3.精神状態
    a.性格
    b.生活歴
    c.対人関係
    d.思想
    e.宗教
    f.精神的ショック
    g.興奮
    h.ストレス
    4.精神疾患
    a.統合失調症;妄想・幻覚
    b.鬱状態
    c.躁状態
    T-1.表面的な状況のみで判断せず患者の気持ち・不安・心配等患者の話に耳を傾ける
    2.患者と共に不眠の原因について話し合う
    3.睡眠を妨げる物理的原因を知り環境を整える
    a.室温
    b.騒音
    c.寝衣・寝具の工夫
    d.イブニングケアの実施;排泄・口腔の清潔・洗面など
    e.身体的苦痛に対しては対症療法を行う
    4.生活リズムの調整を行う
    a.昼間のけじめをつける
    b.運動・レクリェーション・趣味などを行い適度の気分転
    換を行う
    5.不安や興奮を与えるような話題はさけ気軽な会話をする
    6.不安・心配事などを話し合い解決の方向へもっていく
    7.必要時医師報告し薬剤を使用する
    E-1.規則正しい生活習慣を身につけるよう日常生活を指導する
    関連記事
    Share

    Comments 0

    Leave a reply