不眠を訴える患者の看護計画について解説します!

    author photo

    By看護研究科 小日方 さくら

    1. 病態・生理
    <不眠とは>
    睡眠の開始と維持の障害
    睡眠不足のために身体的・精神的・社会的生活に支障をきたしていると本人が判断する睡眠不足の状態をいい、本人が主観的に感じる症状

    <病態>
    不眠を訴える病態は、睡眠の量及び質の現象面から4つに分類される。
    ① 入眠障害(寝つきが悪い)
     夜寝ようとしてから実際に寝付くまでの時間が1時間以上かかる。
    ② 中途覚醒(熟眠障害、睡眠の持続の障害)
    ちょっとした物音などの刺激で目が覚めてしまい、途中2日以上目が覚める。
    ③ 早朝覚醒
    朝早く目が覚めてしまい、その後眠れない。朝の目覚めが普段より2時間以上早い。
    ④ 睡眠時間短縮
    時間のゆとりがあるにもかかわらず、一晩の睡眠時間の合計が5時間以下。

    <原因>
    ①外因性精神病  (例) アルツハイマー型痴呆
    ②内因性精神病  (例) 統合失調症、躁鬱病
    ③心因性精神病  (例) 神経質の人、不安傾向、神経性不眠

    (老人の不眠)
     老人は自覚的には不眠がなくても加齢による生理的変化で、すでに不眠の準備段階にあるといわれる。老化による脳機能の低下のために深い睡眠を作る機能が弱くなり、睡眠が浅くなり、睡眠を維持させる機能、昼間の覚醒を維持させる機能が低下する。また、老年になると、日常生活の出来事によって変化する睡眠・覚醒時間の変化に対応する能力が低下するため適応するまで時間がかかる。

    2.治療
    ・睡眠薬、抗不安薬の投与   
    ・原因のある不眠には原因の除去          
    ・ 神経性不眠には精神療法が行なわれる        
                                
    3.看護のポイント
    1) 話を聞くこと…夜とは限らない
      背後に不安や気がかりなこと、幻覚、妄想が原因のこともあるためである。
    2) 入眠状況(寝つき)、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠感の観察をしその患者に応じた就寝前薬や不眠時投与の関わりをする。
    3) 自分で内服できない人や内服の確実性のない人には、介助及び確認をする。
    4) 活動低下により、本人に応じた日常生活の援助を行なう。
    <眠剤与薬時の看護>
     不眠の訴えは夜勤帯に多く、実際その対応は看護師個々の判断にゆだねられている。眠剤に頼るのではなく、不明の原因は何かを考え原因の除去にあたることが第一であるが、必要と判断した場合でも眠剤の与薬は慎重に行なわればければならない。
    1) 眠剤の種類、量、投与方法、使用限度について、医師の指示を確認する。
    2) 初回投与時は、昼間の心身の活動状況、その場の精神状況、不眠の状況を把握し、与薬の判断を必ずアセスメントする。
    3) 与薬の際は
    ① 患者に内服後ふらつきが生じやすいことを説明する。
    ② できれば内服前に排泄を済ませてもらう。
    ③ 貧血、るい痩等により普段からふらつきのみられる患者には、夜間ポータブルトイレ、尿器を使用してもらう。
    ④ 夜間、歩行の必要のないよう、飲水、お手拭などの準備とともにベッド周囲の環境を整える。
    ⑤ 内服後は注意して観察する
    4) 記録の内容
    ① 眠剤使用に対するアセスメント(初回投与時、他適宜)
    ② 眠剤の種類、量、投与方法(使用時)
    ③ 内服時間、内服後の状況

















       
    関連記事
    Share

    Comments 0

    Leave a reply