誤嚥リスクの看護計画について解説します。 - 看護実習を楽に!学生さんお助けサイト

誤嚥リスクの看護計画について解説します。

今回は高齢者に多い誤嚥リスクの看護計画について解説したいと思います。

1.誤嚥リスクの看護計画

誤嚥リスクの看護問題

誤嚥のリスク状態

誤嚥リスクの看護計画

O -1誤嚥の有無
 -2摂取状況(むせ込み、つかえ、嘔吐、咳嗽の有無)
 -3摂取方法、能力の状況
 -4口腔内の状態(唾液、嚥下反射)
 -5歯牙の状態
 -6咀嚼の状態
 -7顎関節の状態
 -8精神状態


T -1口腔ケア
 -2摂取時の姿勢
 -3食事の工夫
• 誤嚥が頻繁な場合は、食事にとろみをつける。
• 栄養課と相談して嚥下しやすいメニュー(ゼリー、とろみ)に変える
• 食べやすいやわらかいものにしてもらう。嚥下を確認しながら食事をしていく
• 食事しやすい環境を整える(静かでゆったりできる場所にする。好みの音楽をかけてリラックスさせる。

E -1一気に食べ物を詰め込まないように説明する
 -2ゆっくり食べるように説明する。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

看護研究科 小日方 さくら

Author:看護研究科 小日方 さくら
某看護大学を卒業して大学病院で8年勤務。 その後フリーのライターとして活動しています! 看護学生さんに役立つ情報をいっぱい記載してます! ぜひ見に来てくださいね♡

ツイッターやってます(*˘︶˘*).。.:*♡  @lemonkango

鳥取で看護師をしています。少しでも看護学生さんのお役に立てるよう分かりやすい記事を投稿していきます!

おすすめ楽天サービス

▽学生限定、楽天サービスを利用するとお得▽

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム