筋萎縮性側索硬化症(ALS)の看護と看護のポイントについて解説します! - 看護実習を楽に!学生さんお助けサイト

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の看護と看護のポイントについて解説します!

1. 病態生理

 成人に発生し、上位と下位の運動ニューロンがおかされる原因不明の難病である。四肢の筋力低下、
線維束攣縮あるいは筋萎縮、球麻痺症状など全身の運動機能が急速におかされ、進行性の経過をたどる
ものを言う。
 通常40~50歳代に発症し、性別ではやや男性に多い。平均生存期間=発症後3~5年。


2. 症状

①  筋萎縮と筋力低下の進行様式
 発症初期は、上肢または下肢の一側から始まり、ついで両僣哇に進行する、小手筋である母指球・
 小指球に萎縮が起こり、しだいに前腕、上腕、肩甲骨、体幹筋へと広がり、筋力低下や筋脱力を伴う。
  線維束攣縮は筋脱力と並行して現れる。下肢の運動障害は痙性麻痺として現れる。しかし、下肢が   
 初発の場合には、筋脱脱力と筋萎縮をきたし、弛緩性麻痺となる。
 筋萎縮と筋力低下が舌筋、咽頭筋に及ぶと、球麻痺症状である構音障害や嚥下障害が起こる。助間
 筋がおかされれば、呼吸障害が出現し、頚筋がおかされると頸部の下垂がみられる。

② 錐体路徴候=亢進する
 
③ 陰性徴候 感覚障害、排尿障害は他党的に認められない。しかし、感覚異状として、下肢の冷感、しびれ感、重い感じなどを訴える場合がある。


3、 検査

・針筋電図
・筋生検
・その他の検査…頭蓋・脊椎のX線検査、ミエログラフィ、脳波など
  

3. 治療(根治治療はなく対症療法)


①  薬物療法(リルゾール)
     とくに有効的なものはないが、ビタミンC、ビタミンEなどの各種ビタミン類、タンパク同化ホルモングルタミン酸の血中濃度を抑制する中枢神経薬
② 合併症の予防と対症療法
    1.運動障害によって関節の拘縮をきたすため、マッサージや他動運動を継続し、可能な範囲で軽い運動を行う。
    2.たんぱく質の豊富な食事をはじめ、バランスよく栄養摂取するようにすすめる。
    3.食事摂取量が減少し十分な栄養がとれなくなっている場合は経管栄養や胃瘻造設などを考える。
    4.呼吸困難に対しては、気管切開、人工呼吸器装着による延命治療の可能性を説明する。患者・家族の選択によって、治療が行われることが望ましい。


4. 看護のポイント

① 筋萎縮生側索硬化症は、四肢の運動障害に関連し、徐々に日常生活動作(ADL)が低下するた
  め、その状態を見極めてADLを援助する。
② 構音障害の出現によって他者との意思の疎通ができなくなる。進行過程で用いることのできるコ
  ミュニケーション手段を適切に活用し、意思の疎通ができるように援助する。
③ 嚥下障害の出現によって食事の摂取が困難となる。嚥下状態に合わせて食事内容を工夫したり、
  誤嚥を予防するための援助を行う。
④ 人工呼吸器の装着に関連した肺合併症を起こす危険性を予防し、呼吸が円滑にできるように援助
  する。
⑤ 進行性で治る見込みがない状況のなかで、精神的に不安定となり、生きる意味を失っていく。患
  者が独立しないように心理的援助を進めるとともに、社会資源を有効に活用できるように援助す
  る。


関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

看護研究科 小日方 さくら

Author:看護研究科 小日方 さくら
某看護大学を卒業して大学病院で8年勤務。 その後フリーのライターとして活動しています! 看護学生さんに役立つ情報をいっぱい記載してます! ぜひ見に来てくださいね♡

カテゴリーはサイトの下付近に設置してあります!  スクロールしてください!
ツイッターやってます(*˘︶˘*).。.:*♡  @lemonkango

鳥取で看護師をしています。少しでも看護学生さんのお役に立てるよう分かりやすい記事を投稿していきます!

おすすめクレジットサービス

▽看護学生さんオススメ!、クレジットカードを利用するとお得▽

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム