腎盂腎炎の看護のポイントとアセスメントの方法について解説します。 - 看護実習を楽に!学生さんお助けサイト

腎盂腎炎の看護のポイントとアセスメントの方法について解説します。

1、 病態生理

 菌の侵入経路は、一般に上行性(逆行性)であるが、血行哇やリンパ行性、直接浸潤
も考えられている。腎盂腎炎が生じるには、細菌の腎盂上皮への付着能、細菌数、菌力
局所免疫能、患者自身の免疫能の低下などが必要となる。頻度の高い大腸菌のうちP線毛
を持つものは、腎盂に付着しやすいと言われている。


1.原因
  細菌による腎盂および腎の非特異的感染による。
1)基礎疾患
(1)腎疾患
  ①腎結石 ②腎奇形(馬蹄腎、重複腎盂尿管)③多発性嚢胞腎 ④腎盂がん
  ⑤腎糜造設
(2)尿管疾患
  ①尿管結石 ②尿管がん ③尿管狭窄
  ④先天性疾患(腎盂尿管移行部狭窄、膀胱尿管移行部狭窄、拡張尿管)
  ⑤尿管ステント留置
(3)膀胱疾患
  ①膀胱結石 ②膀胱がん ③膀胱頚部硬化症 ④膀胱尿管逆流
  ⑤神経因性膀胱 ⑥尿道カテーテル留置
(4)尿道疾患
  ①尿道狭窄 ②後部尿道弁
(5)前立腺疾患
  ①前立腺肥大症 ②前立腺がん
 (6)尿路変更術
  ①尿管皮膚痲 ②回腸導管 ③尿管S状結腸吻合 ④尿禁制型尿路変更
  ⑤自然排尿型尿路変更
 (7)易感染状態
  ①糖尿病 ②免疫不全状態
2)原因菌
 (1)グラム陰性桿菌
  ①大腸菌 ②緑膿菌 ③変形菌 ④プロテウス ⑤エンテロバクター
 (2)グラム陽性球菌
 (3)結核菌
 (4)真菌


 膀胱尿管逆流(VUR)の場合、繰り返す炎症や腎内逆流が生じ、それが繰り返される
うちに腎実質障害を生じる。単に、腎盂腎炎を繰り返すだけでも細菌性感染により腎実質
障害が生じ、腎萎縮、腎性高血圧、腎機能障害などがみられる。

2、 症状

 (1)急性腎盂腎炎
  ①発熱(体温38℃以上)②腰背部痛、脊椎肋骨弓角部の叩打痛
  ③頻尿 ④排尿時痛
 (2)慢性腎盂腎炎
  ①微熱 ②腰背部痛は軽度(鈍痛・違和感として訴えることが多い)
  ②急性増悪時は、急性腎盂腎炎の症状を訴える。


3、 診断

 (1)①現病歴 ②既往歴 ③生活習慣
 (2)検査
  ①急性腎盂腎炎
    a.尿一般検査:尿タンパク陽性、潜血反応陽性
    b.尿沈査:蔔尿、細菌尿(主に桿菌)、血尿
    c.末血:白血球の増加、CRP陽性
  ②慢性腎盂腎炎
    a.尿タンパク・膿尿・細菌尿は軽度
    b.腎機能障害:血清Cr・BUN・CIの上昇、尿膿縮機能の低下
    c.画像検査:尿路造影が有用(患側腎の萎縮・腎杯の拡張)


4、 治療

 (1)急性腎盂腎炎
  ①広域スペクトラムの抗菌薬の点滴靜注、投与期間は数日~7日間、原則は単剤だが
    重篤なもの、複雑性感染症では2剤を併用する。
  ② ベッド上安静(発熱による全身消耗、軽減を図る)
  ③ 脱水予防:経口水分摂取、輸液
 (2)慢性腎盂腎炎
  ①原因菌に対して感受性のある抗菌薬を用いるが、最初から経口薬でよいことが多
    い。
  ②基礎疾患の治療


6. 観察のポイント

 (1)現病歴、既往歴、生活習慣(日常生活・食習慣)
  二次性腎盂腎炎(①尿流障害 ②代謝障害 ③血行感染巣 ④膀胱カテーテル後の感
染)因子がある場合、再発の可能性が高いため、日常生活予防が大切である。

 (2)症状の観察
  ①悪寒戦慄を伴う高熱 
②側腹部・背部の持続性疼痛の程度
  ③悪心・嘔吐
④ 膀胱炎の合併をしていれば頻尿・排尿痛・尿意頻回
⑤ 尿の観察:混濁の有無、血尿の有無、1日尿量


7. 看護のポイント

 (1)急性期
  ①安静の保持:腎血流量を保持すると共に体力の消耗を抑え、タンパクの消費を節約
    する。
  ② 発熱時は、安静臥床しエネルギーの消耗を防ぎ、解熱に努める。
  ③ 疼痛時:患者に適した罨法と、指示により鎮痛剤の投与を行う。
  ④ 悪心・嘔吐による食欲減退により低栄養を来しやすいため、患者の好みに合った
    ものを少量ずつ頻回にとれるように工夫をする。嘔吐後は冷水による含漱を行う。
 (3)回復期から退院に向けて
  再発防止のため、基礎疾患を踏まえた上で個人に合わせた指導が必要である。
  ① 腎盂腎炎についての知識
  ② 治療の必要性
  ③ 再発および再燃の可能性
   a.基礎疾患の治療を行うことにより、再発の可能性が低くなることを説明する。
   b.脱水予防により尿路感染予防をおこなう。水分摂取量は、通常成人2000~2500
    m1/日
   c.尿路の適度な膨張を避けるため、常時、膀胱を空にする。
関連記事

関連記事

 嚥下造影(VF)について解説します!

脳梗塞の看護と看護のポイントについて解説します。

高血圧症の看護のポイントとアセスメントの方法について解説します。

看護学生が考える腰椎脊柱管狭窄症の退院支援 パンフレット作成のコツ 退院指導のパンフレット作成で困る看護学生さんへ│パンフレット 作り方

脊髄損傷の看護│看護計画、合併症や看護ケアについて解説します!

肝炎、肝臓がん、肝硬変の看護を一気にポイントまとめてみました。

呼吸不全の看護と看護のポイントについて解説します。

術後疼痛の看護計画 急性疼痛の種類と看護について解説します!

【周手術期 術前看護 】術前 標準看護計画 〜手術を受ける前の標準看護計画〜

肺切除術前後の看護計画について解説します。

肺切除術を受ける看護の看護ってなんだろうね? 看護計画や看護ケアのポイントをまとめるよ!

感染リスクの看護計画 <実習で頻回に出会う感染リスクについて。看護の実際>

上腕骨顆上骨折の病態や看護・アセスメントについて解説します!

TKAの看護計画(人工膝関節全置換術後の看護計画)や看護のポイント 早期離床などについて解説します!

何かと遭遇する肺炎(誤嚥性肺炎など)について看護のポイントや観察のポイント、援助の実際について解説します!

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

看護研究科 小日方 さくら

Author:看護研究科 小日方 さくら
某看護大学を卒業して大学病院で8年勤務。 その後フリーのライターとして活動しています! 看護学生さんに役立つ情報をいっぱい記載してます! ぜひ見に来てくださいね♡

ツイッターやってます(*˘︶˘*).。.:*♡  @lemonkango

鳥取で看護師をしています。少しでも看護学生さんのお役に立てるよう分かりやすい記事を投稿していきます!

おすすめ楽天サービス

▽学生限定、楽天サービスを利用するとお得▽

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム