狭心症の看護のポイントとアセスメントの方法について解説します。 - 看護実習を楽に!学生さんお助けサイト

狭心症の看護のポイントとアセスメントの方法について解説します。

1. 病態生理

  冠動脈のアテローム硬化、冠状動脈のスパズムにより心臓の酸素需要が増し、心筋が
酸素不足となり、一過性の虚血状態が発生し、胸痛と心電図に変化を生じる。
  下記に示すもののうち、①、②が誘因となり、③~⑥の変化を起こす。
  ① 状況因子:喫煙、肥満、ストレス
  ② 基礎疾患:高血圧症、糖尿病、高脂血症
  ③ 動脈硬化 ④ 冠動脈の血管攣縮 ⑤ 冠動脈の塞栓症 ⑥ 血管解離


2. 主要症状

  ①胸骨下または左前胸部、心窩部の圧迫感、絞扼感、灼熱感、鈍痛、胸部全体の不快
    感、倦怠感
  ② 肩、頚部、左上肢への放散痛
  ③ 嘔気、冷感
  ④ 胸痛持続時間は5分以内で、15分以上はまれ
  ⑤ ニトログリセリン舌下投与で、5分以内に発作の消失
⑤  無痛性心筋症(高齢、糖尿病の場合など)

3. 検査、診断

  ①心電図:虚血性ST下降、T波の平低下逆転 安静、非発作時は正常
    運動負荷心電図(マスターダブル法):虚血性変化の誘発
  ② 血液検査:白血球数、GOT, GPT, LDH, CPK上昇
  ③ 心エコー
  ④ 心筋シンチグラフィー


4、治療
  ① 酸素吸入
  ②薬物療法
    a.冠拡張剤:シグマート(5mg)、ペルサンチン(25mg, lOOmg)
    b.ニトロ剤:ニトロペン、ニトロール(5mg)、フランドル(20mg)
  ③ 発作時の安静
  ④ 発作の予防(冠動脈危険因子除去)


5、観察のポイント
(1)既往歴
(2)バイタルサイン
   ① 血圧の変化
   ② 脈拍(不整脈、頻脈、徐脈)
   ③ 呼吸回数
(3)胸痛の程度・性質・部位・持続時間
(4)検査データ:心電図所見(ST-Tの変化の有無)
         血液検査(白血球数高値、GOT, GPT, LDH, CPKの上昇)


6.看護のポイント

①  発作時、胸部圧迫感や不快感を訴えた場合、指示下でニトログリセリンを与え、痛
     みの緩和状態を観察する。また、発作の誘因、持続時間、程度の把握に努める。
②  安楽な体位の工夫をする。
③  症状が落ち着いたら、発作を起こさない程度に規則的な運動をさせる。
④  心筋梗塞や心不全に移行する場合もあり、再発作や悪化防止のために急激な運動、
     階段の昇降、過労、過食、興奮、排便困難、喫煙などの発作の誘因を、日常生活
     で避けるよう指導する。
⑤  ニトロペンを常に携帯させる。副作用に頭痛、顔面紅潮、動悸、時に低血圧によ
     る脳貧血症状があるので、立位のままで服用せず座って服用するよう指導する。
⑥  退院後、心臓の予備能力の範囲内で活動、日常生活が送れるよう指導し、再発作
     を予防する。
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

看護研究科 小日方 さくら

Author:看護研究科 小日方 さくら
某看護大学を卒業して大学病院で8年勤務。 その後フリーのライターとして活動しています! 看護学生さんに役立つ情報をいっぱい記載してます! ぜひ見に来てくださいね♡

カテゴリーはサイトの下付近に設置してあります!  スクロールしてください!
ツイッターやってます(*˘︶˘*).。.:*♡  @lemonkango

鳥取で看護師をしています。少しでも看護学生さんのお役に立てるよう分かりやすい記事を投稿していきます!

おすすめ楽天サービス

▽学生限定、楽天サービスを利用するとお得▽

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム