絶対に観察しなければいけない術後の縫合不全 縫合不全 看護計画

    author photo

    By看護研究科 小日向 さくら




    記載日:2018/02/28
    更新日:2018/06/02
    dt_170502_surgery_scar_staples_800x600.jpeg


    お役に立ちましたら是非ブログランキングをクリックしてください!  学生さんにもっとお役に立てるように励みになります!
    <ブログ ランキング> 

    看護学生ランキング
    にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    役に立ったと思ったらはてブしてくださいね!




    画像名

    大日方さくら


    こんにちわ! 看護研究科の大日方 さくらです! 術後の患者さんを受け持つ学生さんが実習で一番困る事は・・・

    術後の看護計画をどのようにレポートとしてまとめて事前学習を活用できるように準備しておけばいいのか?



    という点だと思います。

    そのために、周手術期の患者さんの術後に関連する看護計画についての組み立て方を解説したいと思います。


    合わせて読みたい記事





    術後縫合不全の看護計画の立て方のポイント





    周手術期の実習では他の領域別実習よりさらに「早い看護展開」という事が特徴となります。

    一つ一つ参考書を開き、調べていくといくら時間があっても足りません。

    また、急性期の病棟になります。 その分、指導者さんや、受け持ち看護師さんがとてつもなく怖い場合が多々あります。

    行動計画や看護計画、看護目標で指導者さんなどのツッコミで泣かないように、質問されたらすぐに応えられるようにしておくことがベストですが・・・・

    そういうわけにはいかず・・・

    ツッコミで泣かされないように、すぐに周手術期の要点が開き調べられる参考書の購入が一番の実習を乗り越える近道となります。

    詳しくはこちらをみてください!⇒<



    1.縫合不全の病態生理



    縫合不全の病態生理には大きく分けて全身性の要因と局所的要因の2つに分けられます。

    全身性の要因として

    1 低蛋白

    2 酸素供給の低下

    3 感染

    4 組織の脆弱化

    になります。

    上記の要因には細かなエビデンスがあります。 アセスメントには何故、全身性の要因が患者さんに影響しているのかしっかりと記述しましょう!

    局所的の要因として

    1 牽引力が働いて離開してしまう

    2 組織損傷による血行不全

    3 ドレーン類による組織圧迫や血行障害

    になります。

    ※以下に縫合不全の病態関連図を載せておきます。

    病態関連図はあくまで病態関連図でしかありません。 実習で関連図を描くときはしっかりと個別性を重視したものにしてくださいね!


    縫合不全 病態関連図

    2.縫合不全の看護計画




    2-2.アセスメントの視点


    第1にドレーン類の排液の観察を行い、内部で感染を起こしていないか、変な色になっていないか確認を行います。
    排液が腹腔内に貯留すると腹膜炎になるリスクがあります。

    整形外科では縫合不全により排液量が術後日数に比べて血性が続き内部で血腫が生じ神経障害が再発することがあります。

    また、内部で感染が生じれば全身状態の悪化のリスクがあります。

    第2にどの臓器・疾患・術式なのか・・・
    例えば、消化液を含む排液が皮膚に持続的に接触するとびらんをきたすため注意が必要です。
    膵液なら、消化酵素がふくまれ、これが漏れ出すと自己融解をきたします。

    2-2.縫合不全の看護計画


    手術前

    看護問題

    #1手術および麻酔に対する不安が生じる

    看護目標

    不安が緩和され手術がスムーズに受けられる

    観察項目

    1 一般状態

    2 心理状態 言動

    3睡眠状態

    4食欲

    援助計画

    1術前オリエンテーション

    2術前処置
    剃毛 入浴

    4術前練習 含嗽 呼吸訓練

    教育計画

    1疾患について説明する

    2汚染しないよう説明する

    手術後

    看護問題

    #2創部が生着しないリスク

    看護目標

    安静と感染予防を行うことで創部が生着する

    観察項目

    1バイタルサイン

    2創部痛の有無

    3ガーゼ汚染の状態

    4縫合部の皮膚と皮膚のズレの有無

    5過圧迫の有無 しびれ感 チアノーゼの有無

    6出血の有無

    7掻痒感の有無

    援助計画

    1出血の有無 出血量が増加した場合、医師に報告する

    2 体交マクラなどの利用

    3体位交換

    4ガーゼ交換

    5抗生剤の正確な与薬

    6掻痒感がある場合は冷罨法など使用する

    教育計画

    1安静度、期間、方法について説明する

    2支持された体位、肢位を確実に保持するよう説明する

    3部位により指示があるまで歩行禁止である事を説明する

    4掻爬による感染を防ぐため、爪を切ったり等説明する。

    5新しい皮膚はときに傷つきやすいため外傷を生じないよう説明する。

    看護問題

    #3縫合不全に起因する感染のリスクがある

    看護目標


    上皮再生まで感染症状を起こさない

    観察項目

    1バイタルサイン

    2皮膚の観察 出血の有無 滲出液の有無、量 性状、臭気

    3上皮化の有無

    4発赤、圧迫、腫脹の有無

    援助計画

    1ガーゼ汚染が強い場合、上層ガーゼの交換またはガーゼ補強する

    2掻痒感が強い場合は冷罨法などで冷やす

    教育計画

    1摩擦したり掻いたりしないよう説明する。


    3.縫合不全のまとめ




    周手術期では縫合不全の観察や看護は絶対に必須な項目の1つです!

    今回、紹介した情報だけでは不足している点が多数あるかと思います!

    そのためにより詳しく、学生の視点で解説されている内容を情報をもっと集める必要があります!


    よくわかる周手術期看護/石塚睦子【1000円以上送料無料】




    こちらの一冊は、学生がより分かりやすく細かく縫合不全の看護などが解説されています!

    ぜひ持っておきたいものですね!

    【スポンサーサイト】
    実習期間が始まると、バイトする時間が確保することができなくなります(泣)

    しかも、バイトをする時間がなく収入が減る事に反比例するがごとく、使うお金が増える始末

    そんな忙しい看護学生さんにおすすめなバイトが数日間で数10万の収入が手に入る協力費の出る社会貢献ボランティア参加者募集【治験ボランティア】があります!空いた時間で高収入があります!短時間で高収入が手に入る!!!

    長期休みも病院見学の交通費や実習中のお弁当もちょっと豪華にできるかも!






    実習期間が始まると、バイトする時間が確保することができなくなります(泣)

    しかも、バイトをする時間がなく収入が減る事に反比例するがごとく、使うお金が増える始末

    そんな忙しい看護学生さんにおすすめなバイトが数日間で数10万の収入が手に入る【業界最大手キャバクラ派遣】実習やレポートに追われる看護学生さんにとって効率よくお小遣いを稼ぐ事ができるお仕事になります!a>があります!

    長期休みも病院見学の交通費や実習中の金欠も解消できるかも!










    このエントリーをはてなブックマークに追加



    関連記事
    Share

    Comments 0

    Leave a reply