全身麻酔を受ける患者の看護計画│術前・術中・術後について解説します!

    author photo

    By看護研究科 小日向 さくら

    下部より記事が始まります! スクロールお願いします。
    【スポンサーサイト】



    褥瘡 画像

    吹き出し イラスト6

    こんにちわ! 看護研究科の大日方 さくらです! 
    今回は、手術を受ける患者さんを受け持つ学生さんが実習で一番困る事は・・・
    全身麻酔を受ける患者の看護計画をどのようにレポートとしてまとめて事前学習を活用できるように準備しておけばいいのか?
    という点だと思います。
    そのために、【周手術期】の患者さんの術後に関連する看護計画についての組み立て方を解説したいと思います。


    <関連リンク>















    周手術期の実習では他の領域別実習よりさらに【早い看護展開】という事が特徴となります。
    一つ一つ参考書を開き、調べていくといくら時間があっても足りません。また、急性期の病棟になります。 その分、指導者さんや、受け持ち看護師さんがとてつもなく怖い場合が多々あります。
    行動計画や看護計画、看護目標で指導者さんなどのツッコミで泣かないように、質問されたらすぐに応えられるようにしておくことがベストですが・・・・
    そういうわけにはいかず・・・
    ツッコミで泣かされないように、すぐに周手術期の要点が開き調べられる参考書の購入が一番の実習を乗り越える近道となります。




    1.全身麻酔を受ける患者の看護問題(看護診断)



    #1手術に対して不安、術前与薬により不穏などに関連する精神症状表出リスク
    <関連リンク>






    #2麻酔薬の使用、挿管に関連する循環動態が変動するリスク
    <関連リンク>





    #3出血や、脱水に関連するショック症状を呈するリスク

    #4大量出血、輸血、創部の濾出に関連する体温低下症状のリスク
    <関連リンク>





    #5外科手術に関連する創部感染リスク

    #6麻酔からの覚醒時、失見当識状態のため不安、恐れに関連する身体外傷リスク

    #7抜管後、麻酔薬、声門浮腫等に関連する呼吸抑制を起こすリスク

    #8創痛に関連する呼吸抑制リスク

    #9術中、中枢の麻痺により低体温に関連する覚醒遅延や悪寒、戦慄症状を呈するリスク

    目次にもどる

    2.全身麻酔を受ける患者の看護計画


    術前の標準看護計画

    #1手術に対して不安、術前与薬により不穏などに関連する精神症状表出リスク

    術前の標準看護の短期目標
    ・手術に対する不安が緩和し、手術に前向きに捉える事ができる。

    術前の標準看護の観察項目

    1.全与薬の種類、量、時間、効果
    特に術前から大量輸液が開始されます。総輸液量はどの程度なのか、術前与薬の内容は副作用についてアセスメントするようにします。 総輸液量も術中・術後のアセスメントに必要になりますので、しっかりと情報を収集できるようにしましょう

    2.全与薬前後のバイタルサイン

    3.精神症状:顔色、表情、言動、不安の有無、緊張の程度


    術前の標準看護の援助計画

    1.挨拶をし術中ずっと付き添っている事を話す

    2.患者に落ち着いた態度で接する

    3.患者に付き添い、1人にしない

    4.プライバシーを保持

    5.ゆっくり搬送する。

    6.手術室内の用紙を説明し質問に答える。

    7.処置に対し説明を行う。

    8.患者の側から離れない

    9.保温(室内25℃以上)

    10.周囲を静かにする(言動、扉を閉めておく)

    術後の標準看護計画

    #2麻酔薬の使用、挿管に関連する循環動態が変動するリスク

    術後の短期目標

    循環動態の変動が最小限に保たれ、術後経過が良好に推移することができる。

    術後の観察項目

    1.血圧、ECGモニタ

    2.換気困難の原因の有無をチェック:喘息、分泌過多、浅麻酔、無気肺、片肺・食道挿管

    術後の援助計画

    1.血圧を頻回にチェック:薬剤注入前後、挿管直前・直後、血圧の安定するまで

    2.麻酔医による換気

    3.昇圧剤、降圧剤また抗不整脈剤、抗徐脈剤の準備



    #3出血や、脱水に関連するショック症状を呈するリスク

    術後の短期目標

    循環血液量が、良好に保てれる。

    術後の観察項目

    1.バイタルサイン:血圧の低下や脈拍数の増加に注意する。

    2.心電図モニタ:STの変化

    3.出血量

    4.尿量の減少

    5.末梢皮膚温、チアノーゼの有無

    6.血液ガスデータ

    7.電解質、Ht,Hb値

    8.CVR値

    9.心拍出量、肺動脈圧:スワンガンツカテーテルが入っている場合

    術後の援助計画

    1.正確で頻回な出血量測定

    2.輸血、輸液の介助

    3.循環改善剤、電解質補正剤の準備

    4.末梢の保温

    #4大量出血、輸血、創部の濾出に関連する体温低下症状のリスク

    術後の短期目標

    体温を正常に保つ事ができる。
    術後の観察項目

    1.体温:30分毎

    2.末梢冷感の有無

    3.紫斑の有無

    術後の援助計画

    1.室温の調節

    2.不必要な露出は避ける:上肢、過多、前胸部、下肢

    3.保温(ブランケット、電気毛布、温枕)

    4.洗浄液は、体温程度に加温する

    5.輸液の加温




    #6麻酔からの覚醒時、失見当識状態のため不安、恐れに関連する身体外傷リスク

    術後の短期目標
    安全に覚醒できる。
    術後せん妄により、身体外傷を起こさない

    術後の観察項目

    1.意識状態

    2.体動の有無

    3.呼吸状態(自発呼吸の有無)

    4.バイタルサイン
    術後の看護計画

    1.痛み刺激などを行い、手術が終了したことを告げる。

    2.必要時、抑制が必要かどうか判断し、医師の指示のもと抑制を行い安全を確保する

    3.輸液ルート、ドレーンなどの固定、整理を十分に行う。

    4.覚醒後、挿管中のため声がでないことなど状況を説明する。

    5.スタッフ間の言動に注意

    6.患者の側から離れない。

    #7抜管後、麻酔薬、声門浮腫等に関連する呼吸抑制を起こすリスク

    術後の短期目標

    合併症、呼吸抑制を生じず安楽に呼吸ができる。

    術後の観察項目

    1.呼吸状態:呼吸数、音、動き、パターン、呼吸苦、舌根沈下の有無

    2.バイタルサイン

    3.一般状態、チアノーゼ

    4.覚醒状態

    5.嘔気、嘔吐、誤嚥の有無

    術後の援助計画

    1.麻酔医による酸素投与

    2.場合により気道確保の介助:肩枕、エアウェイ、気管内挿管用具の準備

    #8創痛に関連する呼吸抑制リスク

    術後の短期目標

    創痛が緩和され合併症を併発しない。

    術後の観察項目

    1.創痛の程度、種類

    2.創部の状態、緊張度、出血の有無

    3.バイタルサイン

    4.一般状態(冷汗、顔色)

    術後の援助計画

    1.創痛の緩和を測る:体位の工夫(膝を曲げるなど)、指示により薬剤の準備

    2.創部の安静

    3.ドレーン類の固定

    4.創痛は我慢せず訴えるように説明する。


    #9術中、中枢の麻痺により低体温に関連する覚醒遅延や悪寒、戦慄症状を呈するリスク

    術後の短期目標

    術中より体温が保持され、術後スムーズに経過する。
    OP
    1.体温、末梢温
    2.シバリングの有無
    3.患者の訴え
    Tp
    1.手術終了直前に室温を上げる。
    2.処置は手早く不必要な露出は避ける。
    3.保温(措置音、ブランケット、電気毛布)
    4.消毒液などで湿ったリネが直接患者に触れないようにする。
    □#16 後出血などによりショックを起こす可能性がある。
    ◯後出血などが早期に発見され、速やかに処置が受けられる。
    Op
    1.バイタルサイン
    2.後出血の有無:ガーゼ汚染、ドレーンからの流出状態
    3.腹部状態
    4.検査データ:Hb、Ht
    5.一般状態
    Tp
    1.創部の安静
    2.ドレーンの管理(ミルキング、固定)
    3.創部の清潔保持
    4.輸血の介助
    5.指示により止血剤の準備
    6.場合により再手術の準備
    □#17 覚醒が不十分であるため、精神的に不安定である。
    ◯スムーズにかつ安全に退室できる。
    Op
    1.精神状態
    2.体動の有無
    3.顔色、顔貌
    4.バイタルサイン
    Tp
    1.病棟との連絡をスムーズにしハッチウェイで迎えを待たないようにする。
    2.ベッド柵をする。
    3.プライバシーの保持
    4.患者は1人にしない。
    5.言葉がけを頻回に行う。

    お役に立ちましたら是非ブログランキングをクリックしてください!  学生さんにもっとお役に立てるように励みになります!
    ブログ ランキング 


    看護学生ランキング
    にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
    にほんブログ村


    実習期間が始まると、バイトする時間が確保することができなくなります(泣)


    しかも、バイトをする時間がなく収入が減る事に反比例するがごとく、使うお金が増える始末


    そんな忙しい看護学生さんにおすすめなバイトが
    時給8000円!空いた時間で高収入があります! 短時間で高収入が手に入る!!! 


    長期休みも病院見学の交通費や実習中のお弁当もちょっと豪華にできるかも!





    看護学生さんは、実習や課題・レポート、恋愛などで大変多忙ですよね汗

    そんな中で最終学年に入り、卒論やら国試やらで、年中忙しく考えるで頭がいっぱいになってしまいますよね汗

    国試が終わったら【就職活動】があります! 

    就活活動も実習中に行っている看護学生さんや、病院から奨学金をお借りしていおり、もう決まっている方も中にはいるかと思います!

    ですが、そうではない方では時間がなくて実習中に就職活動】を行う事になります汗

    大変ですよね汗 
    「どの病院が良いのかな〜?」「お給料や待遇、就職後の教育体制は?」「休みってどのくらいもらえるの?」「忙しさってどのくらい?」「病棟の雰囲気ってどんなんだろう?」

    などなど、出したらキリがないぐらい不安があるかと思います。

    1つの手をして自分を病院へ売り込んでくれたり、給料の交渉をしてくれるなどサポートして頂ける看護師のサポート【転職サイト】があります。これは、まだ看護師免許無資格でも【登録】できます。

    様々な就職活動で分からない点や不安な事、病院の雰囲気や特徴を教えてくれます。

    登録しておくだけで定期的に連絡くださるので自分にあった病院を見つけてくださいます! とりあえず登録しておくのも1つの手だと思います!  

    下記で各会社の特徴をご紹介します!
    <1.マイナビ>




    1.医療系転職支援サービスのプロがサポートするから安心!   

    求人を探すときは、勤務条件だけではなく、医療機関の全体像をしっかりと把握する必要があります。

    ドクター、薬剤師、医療介護スタッフなど様々な転職サービスを展開しているマイナビだからこそ案内できる情報があります。   

    「こんな求人があったのか!」といった看護学生さんが思いもよらぬ求人情報に出会うチャンスもあります。

    2.実際のトコロを良く知っている!
    採用の担当者からだけではなく、医療機関に直接足を運び 現場で働く看護師さんからもしっかりと職場の状況等をお聞きしています。   

    給与、有給消化などの条件・待遇はもちろん、雰囲気がよく、働きやすい職場を看護師さんへご紹介しています。

    3.エリアごとの求人を網羅!   
    日本全国にオフィスを展開し、病院、クリニック、訪問看護、介護施設など豊富な求人のラインナップを有しています。

    マイナビグループだからできる、 圧倒的なネットワークで好条件の非公開求人も多数取り扱っています。
    <看護のお仕事>



    1.全国各地に支店がある『全国対応』のサービスなので全国どちらにお住まいの方でもサポート致します!

    2.看護師さんの生活に合わせた『24時間電話対応』!

    3.累計年間登録数業界最大級の11万人以上!

    4.業界最大級の『非公開求人』(=好条件求人)保有!
     →最新の人気求人なのでご登録者限定でのご紹介です!

    5.医療業界を熟知したキャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応!無理に転職を勧めることはありません。  
    →常に業界の情報をキャッチアップし、看護師さんの人生が少しでも良くなるように考えて対応しています!   もちろん給与などの個人で行うと難しい条件交渉も行います!

    6.各地域ごとに専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案が可能!  
    →実際に医療機関に足を運び、電話だけでは得られない職場の状況を踏まえたご提案をしています!

    7.働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント等の『看護師さんの生活を向上させるイベント』を多数開催!

    <転職ボーナス35万円がもらえる看護師転職サイトナースJJ会員登録促進>




    ナースJJは転職で最大35万円の支援金がもらえる転職サイトです。

    35万円という大きな魅力があり、看護学生さんにとって、引越し費用などで出費がかさむ時期ですのでお金面のサポートは良いですね!







    このエントリーをはてなブックマークに追加
    役に立ったと思ったらはてブしてくださいね!



    関連記事
    Share

    Comments 0

    Leave a reply