深部静脈血栓症の看護計画│周手術期で観察するDVT

    author photo

    By看護研究科 小日向 さくら




    記載日:2008/05/12
    更新日:
    深部静脈血栓症
    お役に立ちましたら是非ブログランキングをクリックしてください!  学生さんにもっとお役に立てるように励みになります!
    <ブログ ランキング> 

    看護学生ランキング
    にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    役に立ったと思ったらはてブしてくださいね!




    画像名

    大日方さくら


    こんにちわ! 看護研究科の大日方 さくらです! 今回は周手術期の深部静脈血栓症の看護計画について解説します!






    深部静脈血栓症2

    1.深部静脈血栓症の看護計画



    深部静脈血栓症の看護目標

     
    深部静脈血栓症の兆候を見逃さず、続発する障害を起こさない

    深部静脈血栓症の看護上の問題

     
    高血圧、心房細動に関連した深部静脈血栓症を引き起こすリスク

    深部静脈血栓症の期待される結果

     
    ・手術中・後に深部静脈血栓症を起こさない

    ・深部静脈血栓症の兆候を早期に発見できる

    深部静脈血栓症の具体的計画

     
    O-P
    ① 手術中の状態
    →麻酔の種類、麻酔時間、手術時間、出血量、輸血・輸液量、薬剤の使用状況、エピソード
    ② 帰室時の状態
    A. 麻酔からの覚醒状態、意識レベル
    B. バイタルサインの変化、モニター波形
    C. 疼痛の有無と程度-安静時、体動時、深呼吸時、咳嗽時
    D. 末梢循環(四肢の冷感、チアノーゼの有無)
    ③ 術後出血
    A. 創部の出血の有無と程度
    B. 血液データ(凝固系、造血系)
    C. 水分出納(出血量、尿量、ドレーンからの排液量、輸液量)
    D. 出血性ショック兆候の有無
    ④ 下肢の腫脹、疼痛、圧痛、末梢性チアノーゼの有無と程度
    ⑤ 足背動脈の触知
    ⑥ ホーマンズ兆候(足の背屈で、腓腹筋の疼痛がある)の有無
    ⑦ 急激な呼吸困難の有無(胸痛、チアノーゼ、SPO2低下、ショック症状の有無)
    ⑧ 起き上がる前、起き上がった時の状態(血圧、SPO2、脈拍、めまい、嘔気、下肢の痺れ)

    T-P
    ① 急変時に備えて、心電図、除細動、酸素吸入、吸引、バックバルブマスク、救急カートはすぐ使えるようにする
    ② ショック時はショック体位(水平仰臥位で下肢のみ20~30°挙上)とし、気道を確保する
    ③ 下肢の保温→布団やA氏の訴えにあわせタオルケット等
    ④ 血栓形成予防に、他動的・自動的に下肢の屈曲伸展運動を行う

    E-P
    ① 異常な症状や疼痛があれば、すぐに報告するように指導する
    ② 血栓形成予防には、安静下で下肢の屈伸運動が大事であることを説明する 

    関連記事
    Share

    Comments 0

    Leave a reply