精神科病院の家族援助の実際について│家族援助について解説します。

    author photo

    By看護研究科 小日向 さくら

    記載日:2018/04/03
    更新日;

    お役に立ちましたら是非ブログランキングをクリックしてください!  学生さんにもっとお役に立てるように励みになります!
    <ブログ ランキング> 

    看護学生ランキング
    にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
    にほんブログ村


    実習期間が始まると、バイトする時間が確保することができなくなります(泣)


    しかも、バイトをする時間がなく収入が減る事に反比例するがごとく、使うお金が増える始末


    そんな忙しい看護学生さんにおすすめなバイトが
    時給8000円!空いた時間で高収入があります! 短時間で高収入が手に入る!!! 


    長期休みも病院見学の交通費や実習中のお弁当もちょっと豪華にできるかも!






    このエントリーをはてなブックマークに追加
    役に立ったと思ったらはてブしてくださいね!




    画像名

    大日方さくら


    こんにちわ! 看護研究科の大日方 さくらです! どの領域別実習でも同様の事が言えます。 今回、精神科での家族援助を解説する理由として、どの科でも適応できる点にあります!
    それでは家族援助の実際に解説させていただきます!




    1.看護学生さん・看護師さんが家族援助の概要について


    看護学生さん、看護師さんが行う家族援助の実際では家族に対して「受け皿」としての機体を家族・看護師が抱いています。
    「受け皿」とは・・・ 家族が抱えている問題の気付きはしているものの、家族援助の介入・援助の困難さをアセスメントしている段階で感じるかと思います。

    家族が抱いている問題への意図的取り組みとその評価を図ることが看護学生さんや看護師さんには重要な点になります。

    看護学生さんが家族の想いの「受け皿」、看護師が家族の想いの「受け皿」を意図的に取り組む方法について看護計画をも交えて下記で解説します!  
    最後まで見てくださいね!

    2.家族援助の標準看護計画│看護師が行う家族援助の看護計画について解説します!


    観察項目(O-P)
    患者の生活歴・家族歴・成育歴
    家族の経済状況・家庭環境の困難さの有無
    患者と家族との心理的距離の有無
    家族が患者に対する困難さや限界の有無
    家族の想い

    援助計画(T-P)
    家族が求める患者・医療者への現実のギャップの埋め合わせ
    解説;家族は困っていることの明確なサインを出しません。世間体や迷惑を掛けられないなどの家族の想いがあるからです。
    そのため、家族とゆっくりと関係を作り患者さんへフィードバックできる支援体制を整える必要があります。

    患者との効果的なコミュニケーション(認知行動療法・ストレングス・受容・共感・傾聴など)
    初対面での挨拶
    家族への相談窓口
    合同カンファレンス
    教育計画(E-P)
    家族に何か困っていることがあれば遠慮なく相談できることを説明する。

    3.家族援助の実際のアセスメントや考え方の解説を紹介します。


    今回は、看護計画から先に紹介させていただきました。
    なぜかと言うと、「家族援助」と一言で済ませていますが、私たち医療食は比較的、目に見えるものを評価しがちで患者の想い・家族の想い、援助を実際にしている医療スタッフの想いを置き去りにする傾向が近年目立つからです。
    私はこれを「三者満足」なくして適切で最大の効果がある看護援助の結論だと思っています。
    どれかが欠落していると…

    医療スタッフの想いを置き去りにした場合、看護観がバラバラなスタッフがいて色々な想いが交差している中で、さらにリハビリスタッフやソーシャルワーカー、ケアマネージャーなどの想いも加わります。
    医師からの指示も出るでしょう。
    こうなってくるとプライマリーナーシング、機能別看護をとられている病棟では大混乱します。
    なぜかと言うと、色々な人が色々なことを言うので何が正解かが分からなくなるからです。
    さらに、患者さん・家族の個別性も色濃くあります。
    一つの事例をとっても標準化できないことが多いため受け持つ看護師さんや看護学生さんは困難さを感じて、最悪、見て見ぬふりをする場合があります。
    見て見ぬふりという事は気付いているけど家族援助を行わず、さっさと退院してもらう…
    という想いに直結します。
    それでは家族も患者も満足度が高くなりませんし、さらにスタッフも無力感ややるせなさを感じてしまい、仕事への情熱ややる気が損なってしまいます。

    さらに家族との連携なくして患者の満足度も上がるわけがありません。
    患者―家族との関係性が悪いと自宅に戻られる患者さんは生活に行き詰まりを感じますし、家族もストレスを感じてしまい患者さんの受け入れを拒否されてしまう場合があります。
    これが患者さんの社会的入院というものになりますね汗

    精神科障害者の家族援助をみると、「受け皿」としての家族という視点から家族への期待・役割を求めた援助が認められた。「受け皿」という視点は、患者の回復に向けて家族も協力を引き出すことは「見出しにくい」。そのため、家族の協力を引き出すこと「家族への期待・家族の不安を配慮した情報提供といった」いわば、家族に患者に対する関心を向けるため、関心を引き出し家族に役割を担ってもらう援助が多く必要です。

    アセスメントの視点として、
    患者―家族関係はどのようになっているのか個別性を具体的に聴取しておくこと。
    さらに、医療スタッフ対家族の関係性

    つまり、良好な関係性が必要となり、家族の想いをしっかりとお聞きする姿勢や態度を示していく事が重要となります。
    家族との繋がりは患者・医療スタッフ全体に共有すべきものであり決して軽視していいものではありません。
    繋がりや想いをないがしろにしてしまうと患者さんの予後にも影響します。
    しっかりとコミュニケーションを図りながら援助をしていきましょう!

    目次にもどる
    <ブログ ランキング> 
    ここまで読まれた方は是非、下記のブログランキングのクリックをお願いします! クリックしてくださいますと私のやる気が満ち溢れます!

    看護学生ランキング
    にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護学生へ
    にほんブログ村



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    役に立ったと思ったらはてブしてくださいね!
     

    <スポンサーサイト>
    看護学生さんや、看護師さんって何でこんなに恋愛出来ないんだろう?出会いがないんだろう?「看護師は恋愛できない」とお悩みの方へご紹介します! 看護学生さんは【18歳未満は登録しない】でね!


    【ワクワクメール】





    「看護師はキツイ」とか「看護師になったら結婚できない」とか「看護学生は実習がつらいから恋愛なんてする余裕ないよ」としつこいほど体験したり話しを聞いたりしますよね汗


    【ワクワクメール】

    は日本最大級の会員数650万人超!
    ワクワクメールは創設2001年 運営15年以上の出会い総合コミュニティーサイトです。

    会員登録は""無料""で忙しい看護学生さんや看護師さんの理解のある男性・女性との出会いマッチングできるかと思います!



    【ワクワクメール】

    以外でも【マッチブック】
    があります!



    【マッチブック】では
    リクルートグループが手がけるFacebook恋活・婚活『Matchbook』はどこよりも安心と安全なマッチングサービスです。

    現在、20代前半のユーザーが中心です。

    ★リクルートグループが手がけるマッチングサービス

    ★安心の場を提供します
    -24時間365日の監視体制をととのえていますので、
    不適切な内容が掲載されることはありませんし、サクラや悪質なユーザにはすぐに対応します

    ★なりすましを防ぎます!
    -Facebook登録なので、顔写真や年齢に嘘がありません。
    -免許証・保険証・パスポート・クレジットカードなどで徹底した年齢確認を行います。

    ★プライバシーを守ります!
    - 実名は出ない
    - 友達には出会わない(Facebookの友達は表示されません)
    - facebookのウォールに投稿されないから安心して利用可能

    安心・安全・身バレ防止などおすすめなマッチングアプリとなります! 是非登録してみてください!











    関連記事
    Share

    Comments 0

    Leave a reply