看護学生が行うコミュニケーション方法10選

    author photo

    By看護研究科 小日向 さくら

    下部より記事が始まります! スクロールお願いします。
    【スポンサーサイト】

    実習期間が始まると、バイトする時間が確保することができなくなります(泣)

    しかも、バイトをする時間がなく収入が減る事に反比例するがごとく、使うお金が増える始末

    そんな忙しい看護学生さんにおすすめなバイトが
    時給8000円!空いた時間で高収入があります! 短時間で高収入が手に入る!!! 


    長期休みも病院見学の交通費や実習中のお弁当もちょっと豪華にできるかも!












    このエントリーをはてなブックマークに追加
    役に立ったと思ったらはてブしてくださいね!





    看護学生 コミュニケーション 画像

    こんにちわ! 看護研究科の大日方 さくらです!

    看護学生さんは、良く「患者さんとどう関わっていいかわかりません」などのコミュニケーション技術についての不安などが実習を通して不安や苦悩が押し寄せてきます。

    私もそうでした。 ですので、今回は看護学生さんが行うコミュニケーション方法10選を解説したいと思います!


    ■目次


     ▶看護師・看護学生が行う治療的コミュニケーション技術

    ⇒看護学生さんが知りたいコミュニケーション技術13選とやってはいけないコミュニケーションとは

     ▶患者さんとの関係を良くするには

     ▶看護学生さんが知りたいコミュニケーションの技法

        ▶学生さんが嫌がるプロセスレコードを行う意味について

        ▶コミュニケーションと倫理

    ⇒1)権利を擁護する(権利擁護・代弁機能)
    ⇒2)自律と自己決定を支援する
    ⇒3)保護する(保護機能)
    ⇒4)支持する
    ⇒5)成長を促す
    ⇒6)知識や情報を提供する(教育機能)
    ⇒7)環境を整える
    ⇒8)ケアを調整する



    <スポンサーリンク>

    看護師・看護学生が行う治療的コミュニケーション技術



    私たち、看護師・看護学生・保健師・助産師など何かしらの病気が発症し外来・入院してくる患者さんは「病気」に対する今後の不安感などあります。

    【患者さんの想いや悩みを表現してもらうよう、コミュニケーションを図る】

    実地指導者や、部屋持ち看護師、教員などが口酸っぱくして上記の内容を言いますが・・・


    言葉では簡単ですが、実際に学生さんが実習初日にガチガチに緊張しながらも患者さんへ挨拶を行いコミュニケーションを図った所で、すぐに胸の内を明かしてくれる患者さんはいません。

    それは何故なのか?  そう、看護学生さんに対して【信頼関係】が成り立っていないからです、

    例えれば、しつこいナンパ男に言い寄られても相手にしませんよね? それと一緒だとわたしは思います。

    そのため、看護学生さんは効果的なコミュニケーション技術を行い、貴重な実地実習で承諾していただいた患者さんに心を開いて頂くよう働きかけを行う事が大事。 

    それが、護学生・看護師の第1ステップになる看護技術の1つになります! 


    ここからは、看護としてのコミュニケーションは何か?について解説したいと思います。

    この記事で一番、専門知識として覚えておいてほしいポイントは、ズバリ「コミュニケーション的治療的関わり」になります。


    時間が経過するに連れて、患者さんと笑顔で話せて何気ないコミュニケーションができるようになると思います(よっぽどの人見知りがなければ・・・)






    看護学生さん・看護師さんは、しっかりとコミュニケーションを行う方法や技能をただ何となくやっていませんか?

    【患者さんは友達ではありません】 

    ましてやお互いに精神的な部分で依存する立場でもありません。

    いくら社交的なコミュニケーションが取れていたとしても、それは治療的な意味合いでは患者さんにとっても私たち看護師にとっても意味のないものになります。


    学生さんはしっかりと、治療的コミュニケーションを行うように心がけるようにしましょう!


    看護学生さんが知りたいコミュニケーション技術13選とやってはいけないコミュニケーションとは



    看護学生さん・看護師がコミュニケーションの技能を高める方法として2点の方法があります。

    に属している方法になります。


    治療的コミュニケーション方法の古典的なオピニオンオプナー】
    【言語的プログラムについて】を取り入れてご紹介させていただいてます。「コミュニケーションの技能を高める方法 2点」のご紹介が終わりましたら、簡単にご紹介したいと思います。

    1.話題の導入
    「きょうは随分暑いですね」

    2.観察したことを表現する
    「あら、ヘアスタイルを変えましたね」

    3.受容
    うなずく、「そうでしょうね」「分かります」

    4.会話を促進する
    「続けてください」「それからどうなったのでしょう」

    5.看護師が感情表現する
    「私は〇〇さんにそう言われて嬉しいです」

    6.看護師が自分の考えを表現する
    「私は〇〇さんの考えを伺って、〇〇さんはご自分のことをよくわかっていらっしゃるんだな、と思いました。」

    7.患者の感情表現を促す
    「〇〇さんは、今どんなお気持ちですか?」

    8.患者が考えていることを表現できるように促す
    「そのことについて〇〇さんは、どう考えていらっしゃいますか?」

    9.明確化
    「今、家族がと言われましたけど、それはどなたのことですか?」

    10.焦点化
    「そこのところをもう少し詳しく話してくれませんか?」

    11.要約
    「〇〇さんが、きょう一番話したかったことは、お母さんにもっと分かって欲しい、ということだったんですね」

    12.話を元に戻す
    「ところで、先ほど話していた薬のことですが・・・」

    13.効果的な沈黙

    :実習中、会話が続かず患者・看護学生さんが沈黙し会話が続かない場面があるかと思います。

    13.効果的な沈黙についての詳細もこちらの記事でご紹介したいと思います。


    になります!

    次に、患者さんが不快に感じる、治療的な意味がないコミュニケーションについて解説します


    1.いきなりおびやかす話題から始まる
    「あなたが抱えている問題についてですけど・・・」

    2.非難
    「あなたの考えは間違っている」

    3.「看護師が話しすぎる」

    4.看護師が話さなすぎる

    5.意味のない沈黙

    6.効果のない慰め
    「大丈夫、大丈夫、なんともない」

    7.しつこい質問
    「あなたの具合はどうですか、話してみませんか、自分のことを分かってもらえると楽になるでしょう、さあ、どんな具合ですか?」

    8.意味なく話題を変える。




     
    学生さんは、1人の患者と一緒にいる時間は果てしなく長く、話す事が無くなって効果的でないコミュニケーションを行なってしまうときがありましよね? 大丈夫です 私もそうでした。

    上記で上げたコミュニケーションは絶対駄目だとは言いませんが、なるべく避けた方が良い一例になります!

    目次にもどる

    患者さんとの関係を良くするには



    難しい事はいいません。 一言でいうならば【非言語的・言語的】の2つを観察しなさいよ

    ということです。  口では穏やかに喋っている患者さんでも、眉間にしわが寄っていたり、腕組みをしていたり、ソワソワしていたりと・・・


    言葉だけでなく患者さんの態度からも重要なメッセージを持っている事が非常に多いです。

    「全人的に看護せー!」と指導者さんや教員・教授から指摘される通り、それが意味する事を深く考察するようにしましょう!


    目次にもどる

    看護学生さんが知りたいコミュニケーションの技法



    学生さんが一番知りたいであろう、コミュニケーション技法についてです!

    看護で何故、コミュニケーションが重要となるのか、

    何も、患者と仲良く笑い合える仲に成れとはいいません。 


    患者さんがなりたい成り行きに対し看護学生がどこまで歩み寄れ、目標に到達できるよう調整や教育ができるのか。

    非常に高度のコミュニケーションレベルが求められるからです。

    自分に置き換えて考えてみましょう

    仮に自分自身が患者として入院しました。 看護師から突然、術後◯日なので、廊下を歩きます

    と言われたら、素直に頷く事ができますか?  

    術後で痛みもあるし、麻酔の効果が抜けきれずフラフラするし、慣れない環境でイライラするし、今後どうなるのか仕事は?家庭か?と不安になっているのに・・・

    なんて、突拍子もない想いが込められていない事を平然とこの看護師は言うんだろう?と思うはずです。

    これだと、お互い良い関係は築かれず治療に悪影響を及ぼすリスクが潜在します



    「ヘイズとラーソン」は患者の成長を促す治療的な人間関係の提供を看護の重要な役割として位置づけ、このよう治療的関係を発展させる治療的コミュニケーションの技法と、それを阻害する非治療的コミュニケーションの技法のそれぞれについて明らかにしている引用 - Wikipedia



    では、治療的コミュニケーションについて説明します


    1.沈黙

    関心と期待が寄せられる沈黙は、患者にすすんで話をしたいという気持ちを起こさせる。

    2.受容 :相手を受け入れている表示

    「ええ」「ふーん、ふーん」「そうですね」「うなずく」など

    3.認知 :相手を認め、気づいたことを知らせる

    「Sさん、おはようございます」「あら、髪をきれいになさったのね」

    4.献自: 看護師の存在を患者に利用させること

    「しばらくそばに座っていましょうね」「あなたとここにいましょう」

    5:開示 :話題導入の主導性を患者にとらせること

    「何かお話ししたいことはありませんか?」「何を考えていらっしゃるのですか?」

    6.一般的リード:話を続けられるよう励ますこと

    「続けて」「それから?」

    7.順序立て:出来事の関係を時間的系列的に明瞭にすること

    「どういうことがあって…になったのでしょうね?」

    「それは…の前でしたか、あとでしたか?」

    8.観察: 気づいたことを言葉にすること

    「緊張しているようですね」「あなたが…だと私もつらいわ」

    9.表現の促し: 患者の気づいたことを話させること

    「不安なときは言ってくださいね」「どうなさいました?」

    10比較の促し: 類似点と相違点を気づかせること

    「それは…のようなものでしたか?」

    「似たお様な体験をしたことがありますか?」

    11.反復: 言いあらわされたことの主な点を繰り返すこと

    患者:「眠れないんです。一晩中、目を覚ましていたんですよ」
    看護師「眠れないんですね」

    反射 患者に質問や感情や考えの内容をそのまま返すこと
    患者:「先生にお話すべきでしょうか?」
    看護師:「あなたはそうすべきだと思いますか?」

    12.焦点化: 話題を一転に集中させること

    「それは大事なことのようね。それを理解するのにもっと時間をかけてもいいわね」

    13.探索: 問題や考えを深く探ること

    「それについてもっと話してください」

    14.情報提供: 患者が必要とする情報を提供すること

    「面会時間は◯時〜◯時までです。」

    15.明確化: 意味がはっきりしないことや、あいまいなことを明瞭にしようとすること

    「お話がよくわからないです」

    16.現実提示: 何が実際に起こっていることなのか考えるように仕向けること

    「部屋には誰もいませんよ」
    「お母さんはここにはいませんよ。私は看護師です」

    17.疑念の表明: 患者の現実の受け取り方の不確実な点を口に出して指摘すること

    「そんなおかしいことってあるかしら?」「ほんとうに?」「信じられないわ」

    18.合意による確認: 言葉の意味の一致を求めて、相互理解を探し求めること

    「あなたと同じように理解したのかしら、どう?」

    19.言語化: 患者がにおわせたり、ほのめかしたりしたことを口に出していうこと

    患者「あなたの他の誰にも言えません。時間の無駄ですよ」
    看護師「だれもわかってくれないと思っているんですね?」
    評価の促し 患者に自分の経験を評価するように求めること
    「……についてはどう感じますか?」

    20.感情理解の試み: 間接的にしか表現されていない患者の感情を、言葉に出して探ること

    患者「大海に放り出されたようです」
    看護師「とても寂しいのでしょうね?」

    21.協同の提言: ともに分かち合い、一緒に努力してやっていこうと、患者の申し出ること

    「何が不安の種なのか、話し合ってみつけられるかもしれませんね」

    22.要約化: 前に話したことを筋立ててまとめること

    「……と言ったんですね」

    23.行動計画の促し: どのような行動をとれば、将来の状況にふさわしいかを患者に考えさせる

    「どうしたら他の人に迷惑にかけずに、あなたの怒りを表現できるかしら?」





    上で説明した以外に、

    【聴くこと、ユーモア、示唆】(問題についての自分の考えやアイデアを提示する)なども治療的コミュニケーション技法があります!

    特に【ユーモア】は緊張感やわだかまりを解く効果があり、相手との関係性や状況を判断し適切な用い方をすれば、コミュニケーションを円滑化する上で有効な働きをすると言われています。


    目次にもどる

    学生さんが嫌がるプロセスレコードを行う意味について




    文句言わずに丁寧に行いましょう

    そしてしっかりと自分自身のコミュニケーションについてアセスメントしましょう

    これは非常に重要です。 

    どこかで、プロセスレコードについても解説したいと思います

    乞うご期待!



    目次にもどる

    コミュニケーションと倫理



    入院されてくる患者さんは、病院に入院されている事で治療上必要な拘束やADLの低下】で自分の事がうまく出来なくなり他人を頼りにしなければいけない場面、などで【医療・看護倫理】に繋がる事が多々あります。

    どの実習でも問われることではありますが、患者さんを看護実践する中で【医療・看護倫理】を考える事があるかと思います(学校によっては一つ一つの実習で倫理問題を抽出する場合があるかと思いますので、是非参考にしてみてください!)

    1)権利を擁護する(権利擁護・代弁機能)


    ①個人としての患者を尊重する。

    ・ 医師や希望を尊重する。

    ・ 好みや趣向を取り入れる。

    ・ その人らしさを保てるような援助する

    ②権利を擁護する

    ・ 情報を提供する

    ・ 諸権利について説明する

    ・ 患者の意向を汲み取る

    ・ 患者の意向を代弁する

    2)自律と自己決定を支援する


    ・ニードを掘り起こす

    ・ 意思の表明を支持する。

    ・ 気持ちや意思の確認をする

    ・ 動機づけを促進する

    ・ 選択肢を示す

    ・ 具体的な提案をする

    ・ 意思決定や責任を負う機会を提供する

    ・ 目標を共有する

    3)保護する(保護機能)


    ①心身の安全を確保する

    ・ 身体・精神状態を観察する

    ・ 心身の危機に介入する

    ・ 休養および栄養を確保する

    ・ 外的な制限を加える(ただし、医師または精神保健指定医によりその必要性が判断されたときに限る)

    ②安心感・安全感を提供する

    ・ 安全な環境を提供する

    ・ 状況を説明する

    ・ 味方であることを告げる

    ・ 穏やかに関係をつくる

    ・ 自我を脅かされない距離を保つ

    ・ 秘密を守る

    ・ 約束を守る

    ・ 一貫した態度で接する
    4)支持する


    ①身体的に支持する

    ・ 身体的苦痛を軽減する

    ・ セルフケアを補助する

    ②心理的に支持する


    ・ 話をきく。

    ・ 理解する

    ・ 相談を受ける

    ・ そばにいる

    ・ 行動を共にする

    ・ 待つ

    ・ 見守る

    5)成長を促す


    ①健康な日常活動の時間を増やす

    ・ 生活リズムを整える

    ・ 生活時間の組み立てを支持する

    ・ 現実的な考えを支持する

    ・ 現実原則を示す

    ・ 自信を回復する機会を提供する

    ・ 肯定的な評価を返す

    ②生活体験の場を提供する

    ・ 人間関係の学習場面を提供する

    ・ 生活技能の学習場面を提供する

    ③生活帝拳の道程に付き合う


    ・ 不安や失敗のプロセスに付き合う

    ・ 気持ちの整理を補助する

    ・ 体験を振り返り共有する

    ・ 将来への見通しを共に立てる。

    6)知識や情報を提供する(教育機能)


    ①患者教育

    ・ 病感を保護し、病識を育む。

    ・ 薬の作用・副作用について知識や情報を提供する

    ・ 症状の自覚を促す。

    ・ 症状への代謝技能を育む。

    ・ 社会資源について情報を提供する

    ②家族教育

    ・ 家族に患者や薬に対する知識や情報を提供する

    ・ 家族に患者への対応について知識や情報を提供する

    ・ 家族の困難を受け止める

    ・ 社会資源について情報を提供する
    7)環境を整える


    ・医療環境を改善する

    ・ 生活の場を整える

    ・ 仲間づくりを行う

    ・ 支援体制をつくる
    8)ケアを調整する


    ・看護チーム内で有効なケア体制をつくる。

    ・ 多職種をつなぎ必要なケアを調整する

    ・ 時間軸に沿って、必要なケアを調整する


    になります。

    少し、コミュニケーションと離れてしまったと思いますが、非常に重要なことであり、どの看護実践もコミュニケーションの土台となっている事を理解してもらったら幸いです!

    目次にもどる


    <スポンサーサイト>

    お役に立ちましたら是非ブログランキングをクリックしてください!  学生さんにもっとお役に立てるように励みになります!
    ブログ ランキング 


    看護学生ランキング
    にほんブログ村 大学生日記ブログ 看護大生へ
    にほんブログ村


    実習期間が始まると、バイトする時間が確保することができなくなります(泣)


    しかも、バイトをする時間がなく収入が減る事に反比例するがごとく、使うお金が増える始末


    そんな忙しい看護学生さんにおすすめなバイトが
    時給8000円!空いた時間で高収入があります! 短時間で高収入が手に入る!!! 


    長期休みも病院見学の交通費や実習中のお弁当もちょっと豪華にできるかも!




     







    このエントリーをはてなブックマークに追加
    役に立ったと思ったらはてブしてくださいね!

     

     



    関連記事
    Share

    Comments 0

    Leave a reply